Please select
your language.

言語をお選びください。

DIARY

なにもない空間

Théâtre Des Bouffes Du Nord in Paris

Théâtre Des Bouffes Du Nord in Paris

90歳にして今もなお現役で活躍する伝説の演出家ピーター・ブルックの最新作

「Battle Field」を観るため、半年ぶりにパリを訪れました。
20代最後の年にインドを旅した折、真っ当なガイドからもインチキなガイドからも度々聞かされたインド二大叙事詩のひとつ「マハーバーラタ」の物語を題材に、舞台装置も大仰な装束も、メロディアスな音楽もない空間で、人間の偽りようのない真実を描いた作品です。

パリ北駅の近く、初めて足を運んだThéâtre Des Bouffes Du Nordは、廃墟と化していた19世紀の劇場をピーター・ブルックが自ら買い取り、わずかなリノベーションを施して再生させたとのこと、趣き豊かな空間は、ピーター・ブルック自身が齢を重ねてもなおその輝きを失わず、むしろ明晰で研ぎ澄まされた感性を放っている姿と重なって見えました。

舞台上にあるのはご覧の通り、経年変化で朽ちた様も美しいベンガラ色の壁と、数本の棒、黒い箱が2つに、日本人の土取利行さんが弾じるジャンベと、土取さんのための椅子のみです。

1985年に9時間の大作として上演された「マハーバーラタ」を極限までそぎ落とし、1時間30分にまとめた本作で、人間の滑稽さ、欲深さ、生きることの美しさ、そして愛という皮を被った執着を手放すべきことの大切さと、普遍的で誰にでも心当たりのあるテーマを、シンプルに、そして愉快に語りかけてくれました。

何よりも、主人公の王子にクリシュナが向けた「お前は善の中に悪を見、悪の中に善を見る。いずれにしろ、平和と戦争のどちらかを選ぶことはできないだろう、戦争か別の戦争だ」という言葉が、この世のありのままを語っており、人間は物語が書かれた千数百年前からまるで変わっていないのだと、諦めにも似た気持ちになりました。

なにもない空間で、出演者が楽に立ち、自然に言葉を発するようになるまで、果たしてどのような稽古がなされたのでしょうか。観客は余白の中に戦場を目撃し、川や森を見ます。かき鳴らされるジャンベの音に時の流れを司られ、更なる旅に出るのです。

それはきっと、ピーター・ブルックという演出家が、演技者の可能性を信じ、そして観客の想像力を信じているからなのでしょう。

ご子息のサイモン・ブルックが稽古場に潜入し、役者たちの肉体に魂が注ぎ込まれる過程を収めたドキュメンタリーフィルム「世界一受けたいお稽古」で、心の動きに身体がどのように反応するのか、徹底したリアリズムを追求しつつも、全ての役者にあたたかい眼差しを向けていた御大は、老いも若きも待ち望んでいた「Battle Field」のプレミアをインドの覚者さながらに静かに見守っておいででした。

東京公演は2015年11月25日より新国立劇場にて。

再演

Roman Theater at Hierapolis ruins in Turkey

初舞台「猟銃」を再演することになりました。

井上靖さん原作のこの作品は、一人三役を演ずるモノローグで、シルク・ドゥ・ソレイユのVAREKAIに出演中のロドリーグ・プロトーさんも舞台上にはいらっしゃいますが、彼は台詞を一言も発することなくマイムに徹するため、一人芝居に等しいのです。

2011年の初演の際、「あなたが再演しないなら、ほかにいくらでも良い女優さんはいるから」と、パルコ劇場のプロデューサーの毛利美咲さんに脅されました。

「ええ、どうぞ他の方で再演なさってください」と言えなかったのは、演劇の「え」の字も知らなかった私に、モントリオールでの稽古に公演、そして、東京、兵庫、名古屋、福岡、新潟、京都と、得がたき経験をさせて下さった演劇界の母である毛利さんと、最初にご依頼をいただいてから約5年も逃げ続けたにもかかわらず、ずっと待って下さり、新たな世界の扉を開いて下さった演劇界の父である演出家のフランソワ・ジラールさんの厚い想いにお応えしたいと思ったからです。

初演の折には、稽古開始の一ヶ月前にモントリオールへ渡り、フランソワ以外の友人知人は誰ひとりとしていない彼の地で、ただひたすらに朝から晩まで台本を読むばかりで、当初は名所旧跡を訪れるゆとりなど全くありませんでした。

しかし、フランソワ曰く、「演じるとは英語でプレイ、フランス語ではジュエ、いずれも『遊ぶ』という意味を兼ねる。だから僕らは舞台の上で演じ、そして童心に返って遊ぶんだ」とのこと、稽古場で毎日お茶を淹れてくれる彼と、くだらない話しをして笑い転げていました。

再演は少しくらい楽になるだろうと久々に台本に目を通してみましたが、なかなかどうして手強いものです。

USB-Cポートを頸椎あたりに設置して、メモリーを差し込めば勝手に台詞をインストールできるように、どなたかしていただけませんか?

ごあいさつ

Motoi Yamamoto Exhibision at LA GALERIE PARTICURIÈRE in Paris

Motoi Yamamoto Exhibision at LA GALERIE PARTICURIÈRE in Paris

40代を目前に控えて、新たな道を歩み始めました。

これまで25年もの長きにわたり、大きな会社の庇護のもと、ありがたい環境にてお仕事をさせていただいておりましたが、女優人生の第二幕をどのように生きるべきか熟慮した結果、少し足もとはおぼつかないながら、道なき道を歩んでみることにいたしました。

そもそもが怠惰な性格なので、少しくらい負荷がかかった方が、頑張ろうという気持ちになれるのです。

心から楽しめる作品に魂を注ぎ、それを皆様がご覧下さることが励みとなっておりますので、今後も変わらぬご支援をいただけますよう、どうぞ宜しくお願いいたします。

LOAD MORE
CLOSE
PHOTO

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

Photographer:浅井佳代子

Photographer:浅井佳代子

ミセス 2021年4月号(文化出版局) Photographer:浅井佳代子

Precious 2021年9月号(小学館) Photographer:伊藤彰紀

ESSE 2021年10月号(扶桑社) Photographer:浅井佳代子

ESSE 2021年10月号(扶桑社) Photographer:浅井佳代子