Please select
your language.

言語をお選びください。

DIARY

吸血鬼

Mount fuji from the window of the airplane

Mount fuji from the window of the airplane

新たな作品の撮影のため、東京へ戻って参りましたが、肉食が止まりません。

筋トレをすればするほど、身体は筋肉の素となるたんぱく質を欲するので、我が家の冷蔵庫には、赤身のお肉としゃぶしゃぶ用の豚ロース、ラムチョップ、そして牛、豚、鳥、それぞれの挽肉を常備しています。
今宵も常温に戻した牛ヒレ肉を表面だけさっと炙り、これもまた表面だけ火の通った目玉焼きを乗せて、フライパンの余熱で温めたにんにくしょうゆと石垣島ラー油をかけていただきましたが、とろっとした卵の黄身と柔らかなお肉の相性のなんと良いことでしょう。
ヒレ肉1枚ではとても足りず、さらに追加でもう1枚、そして目玉焼きも同様にもうひとつ、ペロリと平らげてしまいました。
もちろんそれだけではありません。ゆでた空豆にサラダ、やわらかな刺身こんにゃく、そしてお取り寄せした手打ち蕎麦も加わって、まるでプロレスラーか相撲取りにでもになったような気分です。

お肉は、血の滴るような極レアが好みです。
生に近ければ近いほど、肉質がやわらかいままで、臭みも少なく感じるのです。

年齢と共にお肉を消化できなくなってきたとの声を度々耳にしますが、私の場合、年を重ねるごとに、お肉の量が増えつつあります。
数年前まで、魚介や卵は口にするにわかベジタリアンだったことが嘘のようですが、肉食を解禁して以来、お陰様でずいぶんと体力がつきました。

明日も筋トレの予定です。
良き週末をお過ごしくださいませ。

CLOSE
PHOTO

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

Photographer:浅井佳代子

Photographer:浅井佳代子

ミセス 2021年4月号(文化出版局) Photographer:浅井佳代子

Precious 2021年9月号(小学館) Photographer:伊藤彰紀

ESSE 2021年10月号(扶桑社) Photographer:浅井佳代子

ESSE 2021年10月号(扶桑社) Photographer:浅井佳代子