Please select
your language.

言語をお選びください。

DIARY

閉店

The studio set desined as a Japanese restaurant called Tokura

The studio set desined as a Japanese restaurant called, “Tokura”

放送に先駆けて11月より撮影していた連続ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです。」の撮影がクランクアップを迎えました。

美容皮膚科を経営する女医で、誰もが羨むような暮らしを手に入れ、何不自由なく生きているつもりでも、久しぶりに訪れた同窓会で未だ独身であることを告げるなり、同級生たちから哀れみの眼差しを向けられた主人公の橘みやびは、ひょっとしてこれまでの生き方が間違っていたのではないかと、一抹の不安を覚えます。

女の価値はクリスマスケーキと同じだなどと誰がはじめに言ったのでしょうか。
12月25日をピークに坂道を転げ落ちるかのように価値が下落して、タイムセールの果てに廃棄されるクリスマスケーキのごとく、いずれ誰にも見向きもされなくなるとは、何と哀しいことでしょう。

歯に衣着せぬ独身女性の集いでたまたま訪れた、大人の隠れ家的な和風割烹にて、藤木直人さん演じる店主の十倉誠司より「美人、キャリア、アラフォーという三重苦を背負った恋愛弱者である」との真実をつきつけられる主人公のみやびは、売られた喧嘩を買って出て、慌てて婚活に勤しむも惨敗。
ついに藁をもつかむ気持ちで、十倉に恋愛指南を仰ぎます。
「プレ更年期のうぬぼれ女ドクター」などと、強烈になじられ、罵倒されながらも、結婚というゴールを目指して奮闘するみやびを演じた4ヶ月間が昨夜で終わりを迎え、いよいよ「とくら」も閉店となりました。

「Nのために」を拝見して以来、いつかご一緒させていただきたいと願っていたプロデューサーの新井順子さんと、美しい映像と、丁寧な心理描写で視聴者を虜にしていらした監督の塚原あゆ子さんが、新たな扉を開く機会を与えて下さいました。
心に響く重めの作品を作っていらしたお二人ですが、この度は、徹底的な男目線で書かれた水野敬也さんの恋愛論「スパルタ婚活塾」を原案に、脚本家の金子ありささんによる軽妙で愉快な物語と台詞が加わって、笑えて、ちょっぴり泣けて、そして使えるテクニック満載の愉しいドラマとなりました。

金子ありささん自ら書かれた企画書をいただいた際、その日のうちに移動中の車で目を通すも、あまりの愉快さに声を上げて抱腹絶倒したことは決して忘れません。
あの企画書で恋に落ちたこの作品は、実際に撮影が始まってからも、飽きっぽい私の心を捕らえて決して離さず、最後までドキドキさせてくれました。

極寒の撮影にもかかわらず、笑いの絶えない現場にしてくださったスタッフ、キャストの皆様に、改めて感謝申し上げます。

「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです。」は4月より毎週金曜夜10時放送予定です。
是非、ご覧下さいませ。

CLOSE
PHOTO

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

Photographer:浅井佳代子

Photographer:浅井佳代子

ミセス 2021年4月号(文化出版局) Photographer:浅井佳代子

Precious 2021年9月号(小学館) Photographer:伊藤彰紀

ESSE 2021年10月号(扶桑社) Photographer:浅井佳代子

ESSE 2021年10月号(扶桑社) Photographer:浅井佳代子