Please select
your language.

言語をお選びください。

DIARY

残酷劇場

A fragment of the stage floor

いつの間にやらすっかり枯れ葉散る季節となっていたのですね。

昨日より、舞台『黒蜥蜴』のお稽古が始まりました。
演出家のデヴィッド・ルヴォーさんを筆頭に、スタッフの皆様、25人もの出演者の皆様と共に、三島由紀夫の言葉を少しずつ噛み砕いていく日々が始まったのです。

ピーター・ブルック演出の『真夏の夜の夢』を13歳の時に観劇なさったルヴォーさんは、後々その時の作品についてピーター・ブルックが語っていた言葉を引用して、「『言葉が空中でぶつかり合っているような作品』という表現が、今回の作品にも相応しいだろう」とおっしゃっていました。

まずは全体の流れを大まかにつかむために、次から次へと存外のスピードでお稽古が進みます。
覚えていたつもりの台詞でも、実際に相手の役者さんの声を聴き、動きながら口にしてみると、言葉に詰まったりします。
待てど暮らせどルヴォーさんからカットのお声がかからず、「どこまで進むのだろう…..」と共演者の方々と目配せをしながら、探り探り台詞を交わすうちに、不思議と共犯者意識が芽生え始めました。
そして、なんと2日目にして台本の1/6頁分の動きが、暫定的ではありますが決まったのです。

稽古場に沢山の方々がいらっしゃることも初めてで、まるで突然観客の皆様の前で、未完成の作品を披露しているような、そんな恐ろしさがあり、ひそかに「残酷劇場」と名付けました。
これから本番までの間、ルヴォーさんの魔法の言葉に導かれ、共演者の方々の豊かで変幻自在な表現力に刺激をいただき、助けられながら、良き作品を作るための失敗を何度も繰り返すことになるのでしょう。
試みては壊し、壊した断片をすくい上げてはまた新たに築き上げることのできる贅沢な時間を楽しみたいと思います。

年明け1月9日より幕が開ける『黒蜥蜴』に、ぜひお越しいただけましたら幸いです。

CLOSE
PHOTO

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

GLOW 2020年1月号(宝島社) Photographer:伊藤彰紀

Photographer:浅井佳代子

Photographer:浅井佳代子

ミセス 2021年4月号(文化出版局) Photographer:浅井佳代子

Precious 2021年9月号(小学館) Photographer:伊藤彰紀

ESSE 2021年10月号(扶桑社) Photographer:浅井佳代子

ESSE 2021年10月号(扶桑社) Photographer:浅井佳代子