開幕

Ivy leaves shot in Teshima

Ivy leaves shot in Teshima

4月2日よりパルコ劇場にて「猟銃」が開幕となりました。
早々に劇場にお出かけ下さった皆様、そして、大変美しいお花や心あたたまる差し入れを下さった皆様に、心よりお礼申し上げます。

5年前の初演の際には、稽古の一ヶ月前に単身モントリオールへ渡り、友人も知人もいない街で、携帯電話の番号も変更して日本との交信を絶ち、毎日ピラティスやジャイロトニックのスタジオにて身体をつくり、朝から晩まで台本と睨めっこしていました。
宿泊していたアパートから徒歩10分の距離にあったスタジオで、ピラティスやジャイロトニックのインストラクターとして、生まれて初めて舞台に上がるたのサポートしてくれた若き女性たちとは、今でも休みがあればお互いの国を行き来しており、生涯大切にしたいと思えるかけがえのない友人となりました。

アパートで食事をする際も、レストランで外食をした際にも、台本を片時も離さず、ぶつぶつと台詞をつぶやいていたものですから、カウンターで隣り合わせた見知らぬお客様に笑われたり、訝しがられたりもしました。

再演にあたり、ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです。」の撮影を終えて10日ほどで無理矢理詰め込んだ台詞は、脳味噌が拒絶反応を起こしそうにもなりましたが、ジムのウォーキングマシンで歩きながら、あるいは酸素カプセルの中で横たわりながら色つきの紙に印刷したオリジナルの台本を読み、かろうじて本番に間に合わせることができました。

さて、この度も共演のロドリーグ・プロトーさんは齡60にしてなお磨き上げられた身体を用いて、スローモーションのような均整の取れた動きで孤独に陥った男を演じて下さっています。
そして私は40歳、余裕で軽く演じていますと見栄を張りたいところですが、実際には瀕死のひとり三役、休憩なしの1時間40分、着物の着付けをしながら台詞を述べ、なんとか励んでおりますゆえ、どうぞ劇場にてご覧下さいませ。

Back to Diary
Go To TOP