映画会社再生

View from the dressing room in Yokohama

放送中の「ハル〜総合商社の女〜」は明日第4話の放送を迎えます。

この度は、藤木直人さん演じる元夫であり五木商事経営企画部の部長和田が学生時代に情熱を傾けた映画に再び向き合い、系列の映画会社の立て直しに奔走します。
本来ならハルをはじめとする部下たちに任せるところですが、今回ばかりはじっとしていられず、自ら能動的に動き回るのです。

映画は夢のある仕事であり、映画を愛する人々の熱意と善意によって成り立っているような世界ではありますが、その一方で、実際に携わってみると、とてもシビアな世界でもあります。
良質な作品と万人に愛される作品を両立させることは至難の業でして、商業映画である以上、興行成績の善し悪しによって会社が繁栄する可能性もある一方で存続が危ぶまれることも多々ある博打のような世界です。
その栄枯盛衰は、映画に携わるプロデューサーや監督、俳優にとっても同様で、安住の地などどこにもありません。
それでも好きだからこそ映画に携わる人々がどこからともなく集まってくるという不思議な世界なのです。

満島真之介さん演じる情熱を失いかけた若手プロデューサーを鼓舞し、宮川一朗太さん演じる商社から出向した数字にしか興味のない社長を説得し、淵上泰史さん演じるIT長者からの出資を引き出そうと熱弁を振るう和田部長はいつになく情熱的で、少年のようですらあります。

また、その傍らでハルの愛する息子涼と、和田部長との初めての食事会も催され、和田の心も涼の心も大きく揺れ動きます。

男のロマンをかけた映画会社の立て直しを、ぜひ見守っていただけましたら嬉しいです。
「ハル〜総合商社の女〜」第4話は11日22:00よりテレビ東京にて放送です。

Back to Diary
Go To TOP