摩天楼

Overwhelmed by skyscraper in Shanghai

しばし中国へ出かけておりました。
かつてアジアにて覇権を誇った彼の国が、文化大革命によって失った勢いをすっかり取り戻し、発展し続ける姿に圧倒されました。
日本でもここ数年で中国からの観光客をずいぶん見かけるようになり、彼らによる爆買いの有無が私たちの暮らしに影響するほどにまでなりましたが、中国本土に渡ってみると、諸外国の支社や支店が日本から撤退して、あちらでのビジネスに活路を見出そうとする意味を痛感させられました。
マカオに至っては、カジノが隆盛を極め、眠らない街と化した中心部では、新たなホテルが次々に建設されています。人生そのものがギャンブルのようなものだと思っているため、賭け事には全く興味のない私でも、人々が真剣勝負をする巨大なカジノに思わず見入ってしまいました。道を誤って訪れたあるホテルでは、浮き世の雑事を全て忘れさせ、夢心地にさせて浪費させるための竜宮城のごとき装飾に目がくらみそうになり、恐ろしささえ覚えました。

経済の発展と共に、かつて失われてしまった文化を取り戻し、市民の日常に潤いを与えようとする姿勢も各地に新設された美術館や劇場、コンサートホールなどから伺い知ることができます。
音楽に親しむ人口も増え続けているようで、アンドリス・ネルソンス氏がタクトを振ったコンサートを鑑賞する方々の示す音楽への理解の深さに、クラシック音楽の未来は決して暗いものではないと、希望を抱くことができました。

ご存じの通りGoogleやSNSのいくつかに国の規制がかかり、日本とのやり取りに少々困難を覚えましたが、その一方で、中国の都市部ではITの普及率が凄まじく、アリババの系列のアリペイや、中国独自のSNSであるWeChatによるWeChat Payなどでの決済が当たり前に行われていました。

上海、南京、マカオと訪れる中で、とりわけ南京では日本人であるがゆえに忌み嫌われることを恐れていました。
しかし、訳あって深夜に友人と訪れた南京の火鍋屋さんにて、思いがけずおいしい和牛の薄切り肉にあずかり、繊細に切り分けられた野菜や薬味を滋味深いスープと共に味わう傍らで、iPhoneの翻訳アプリにて、必死に私たちと会話をしようと試みる若いスタッフに癒やされました。
お店の方のご厚意によってマンゴーまでいただいてしまったのですが、会計時にクレジットカードが使用出来ず、現金が不足していたため、近くのキャッシュディスペンサーにて現金の引き出しを試みるもうまくいかず、お店のかわいらしいお嬢さんたちと渡り歩いた3件全てにて手持ちのカードが使用できず、あわや無銭飲食の罪に問われるのかと思いきや、かわいらしいお嬢さんと、店長らしき青年がホテルまで集金に来てくださることになったのでした。
同乗したタクシーにて、「恥をかかせてごめんなさい」と、件の翻訳アプリを私たちに見せるお嬢さんの健気さに、心を鷲づかみにされました。

エンジン音の聞こえない電動バイクが横断歩道を行く歩行者のことなどお構いなしに走ったり、歩道ですら我が物顔で走行することには辟易しましたし、高層ビルが林立する摩天楼の傍らで、わずかな商いをするあばら屋のご主人を見かけると、格差の拡大は日本の比ではないことを突きつけられましたが、10年ほど以前に訪れた時よりずいぶんと過ごしやすく感じられました。

めざましい発展を遂げる近隣諸国から日本だけが取り残されてしまったような寂しさも否めませんが、私たちには、私たちの良さがあると信じています。

さて、連続ドラマW東野圭吾『片想い』が毎週土曜日22:00よりWOWOWにて放送中です。性同一性障害に苦しむ主人公の美月を演じておりますので、ぜひご加入の上、ご覧いただけましたら嬉しいです。

Back to Diary
Go To TOP